自慢したい

家の母の癖にというか、ある意味、特技にどんな話の流れであっても、常に自分の自慢話に繋がる事が出来るというのがあります。

この特技は、けっこう迷惑だし、周りにいる人はうんざりします。

例えば、誰かが子供の頃にピアノをやっていてと言ったとします。すると、「私も子供の頃にやっていて〜」と始まって、嘘八百の話が延々と続きます。ピアノのなんてやってませんよ。触った事があるか、やっていた子の話などを脚色して、さも自分がやっていたかのような作り話を即興で作り上げます。そして、相手の話は聞かない、言わせない。自分の自慢話だけです。なので相手の方は辟易しながら、去っていくという。。でも母はそんな事、全く気にしていません。娘の私にも常に自慢話です。びっくりしたのは、昔、子供の頃に母がオーブンを買って、初めてケーキを焼いたんです。でもそれが計量も適当でやったため、スポンジは生焼けで中身はベチャベチャという有様だったんです。それに湯煎したチョコレートを汚くかけただけの、チョコレートケーキだったわけですが、チョコレートは市販品なので不味いわけがないです。なので、チョコレートだけ美味しいと言ったら、何を勘違いしたのか、自分が初めて作ったケーキは絶品で、皆に褒められたって話になっています。生焼けですよ。失敗すら認めず、ケーキ作りの天才かのように言っています。作ったのもそれ一度だけですけどね。

こういうメンタルって凄いと思います。確実に嫌われると思いますが。

きっと、母は将来、施設に入っても一日中、自慢話をしていて、周りに嫌われるんだろうな〜と思います。で、そうはっきり言われて、皆が私を苛めると泣いて、他の施設に行くと喚き散らすでしょうね。でもどこ行っても無理だと思います。常に人の称賛を浴びていないと生きていけないんでしょうかね。全く、理解出来ないですが。