高齢者の免許の返納問題

先日も高齢者の逆走運転がありましたね。このお爺さん、車と正面衝突して亡くなりましたが、相手の方がまだ無事で良かったものの、右足が不自由だったのに、なぜ運転を続けていたのでしょう?でも、こういう高齢者、私の周りでも多いです。逆に足が悪いから車に乗るんだと公言しています。要は歩くのがしんどくて、それなら車で移動した方が楽だと言うわけです。オートマなので、どうにかなると思い込んでいます。でもね〜咄嗟の時に動作が遅れるし、足の問題だけじゃなく、高齢者の運転にはいろいろ問題があるわけです。でも、こういった高齢者に免許の返納をと言って、素直に応じる人は、ほぼ皆無です。地方在住なら尚更です。殆ど殺す気か!ってくらいの反発に合います。家の父もそうでした。家の父は78で免許の更新は止めて失効し、車も処分しましたが、一旦は納得したかのように見えましたけど、暫くは文句をずっと言ってました。俺から何でも取り上げやがってと。それに下手すると同世代でまだ運転してる人がいるので、余計に自分ばかりがという思いになるようです。特に爺さん達に多いですね。

今回の逆走したお爺さんも他人の世話になりたくないと、運転を続けていたようですが、最後にとんでもない面倒をかけて、死んでしまう事になってしまいました。家族は大変だと思います。

地方に暮らしていると、インフラ整備が悪いので車がないと病院も買い物も行けないって、皆、言います。やっぱりこれは早く自動車メーカーさんに自動運転車を開発して貰うしかないのでしょうか?