夜中の電話

夜中に突然電話が鳴ります。あー、またかと嫌々出ます。やっぱり母です。

(このお話は2年位前の話です。父が認知症発症して、一番ゴタゴタしてた頃です)

この電話がかかってくる前に、私と父の事も含めて、喧嘩をしていました。いつものように母が自分だけが大変な思いをしている、誰も何もしてくれないと始まって、私には今まで育ててやった恩も忘れてと言い出して、あれも買ってやった、これも買ってやったと言い出したので、私もキレました。で、何日か実家へは行ってなかったし、電話もしないで、かかってきても無視していたのですが、夜中なので仕方なく出たのでした。

で、母は開口一番

「今からね、あんたはどんだけ悪い娘で、私がどれだけ嫌な思いをしてきたか話してやるからね。」と言うわけですよ、午前3時に。なので「あー、聞きたくないから。」と言ってやったら、「聞きたくなくてもね、聞いて貰わないとね!私があんたに何をしたって言うんだい!何も悪い事なんてしてないよ!」と言うので、

「じゃあ、私もどれだけ嫌な思いしてきたか、話してあげようか?いろいろあるよ。」と言ってやり、一部、話してあげました。

母が中学生の私に、私が産まれた時に男の子じゃなくて、ガッカリした。女の子なんて欲しくなかったのに。と言ったこと。高校生の時に帰宅時に痴漢にあって、泣いて帰った時、警察に連絡する事もなく、事情も聞かず「誰にも言うんじゃないよ!」と怒鳴って終わりにした事を言ってやりました。すると母は「私がそんな事を言うわけがない!あんたは何か勘違いしている。頭がおかしいんだよ!」と言うので、私の記憶は正しい事、まだ他にもあるけど聞きたい?と言ったら、電話を叩きつけて切りました。

う〜ん。。母のような嘘つきは記憶も自分の都合良く、書き換えしているんですね。想定内でしたけど。ていうか、わざわざ夜中に電話してきて言ってやる!と息巻いていたわりには、自分の話はせずに自分から切りました。意味わかんね。とりあえず撃退してやったので、私はまた眠りについたわけですが。。朝、今度は別の電話に起こされる事になります。

母が遠くに住む親戚に朝から電話して、泣きついたのでした。。この破壊力、無駄なエネルギーを違う事に使ったらいいのにと思うのですが、母はこの親戚に私が酷い事ばかり言って、病気になりそうだと言ったようです。一応、そういう事じゃない事など説明しましたが、その親戚の叔母にこっちに来て〜このままじゃ死んじゃう!と言ったようで、わざわざこちらに出てくる事になってしまいました。

でもね〜来たところで、そんな深刻な状態じゃないし、ただ母は私との間に入って貰いたくて呼んだだけなので、目的が達成されると、もう帰って。となるわけです。

叔母も「なんだか今にも死にそうで、娘から虐待を受けてるくらいの事言うから、驚いて来たのよ。でもあの人、昔から些細な事でも大騒ぎするから。あんたも大変ね。適当に相手するくらいにしてないと参っちゃうよ。」と言って帰って行きました。

マジで、どうにかならないもんですかね、この婆さん。周りが疲弊していくだけで、何の生産性もないですよ。

最近は、ここまではありませんが、今も夜中におかしな電話をしてくるんじゃないかと、油断出来ません。