孫は天才と言いたがる団塊世代の婆さん達

f:id:kobumarux:20190909153805j:plain


 私の母を含めて、私たち世代の母は今、団塊世代と言われる高齢者です。子供達は50前後、孫は中高生から上は大学生、社会人もいるでしょうか。

で、このお祖母様達、まだお元気で、趣味や中には現役で働いていらっしゃる方もいます。

そうした場所で、話す事といえば 孫自慢。

私が遭遇した方もほぼ、そうですし、家の母しかり、友人からもよく聞く話です。

大体、孫の事を『器量良しで、背が高く、勉強は良くできる。スポーツをやっているならば、末はプロも夢でないレベル。』と、手放しの褒めようです。

例えば

「家の孫は誰に似たのか、目がぱっちりしてて、色も白くて器量ヨシなのよね〜 ホントに親戚中でも誰に似たんだろうって、評判なの。」

突然変異ですか?

「孫は言葉を話すのが早くて、小学生の頃から毎日、新聞をしっかり読んでてね。そのおかげかしら〜成績もトップクラスなのよ。」

「運動神経がバツグンで、何でも出来ちゃうの。今度はサッカーのクラブチームから是非ってスカウトされちゃって。どうも他の子達とは違うらしいのよね〜」

などなど。皆さん、遺伝子を丸無視した、活躍っぷりです。

まあ、孫バカと言えば、可愛いもんかもしれません。それに優秀な人材が、どんどん育成されていくのは、日本にとって有益な事です。只でさえ、子供の数が少ないわけですからね。

でもね〜 このお祖母様達が、実際のところどうなのか?って言いますと、これが案外、厄介な人達で。

団塊の世代って、第二次世界大戦直後に生まれた世代で、第一次ベビーブームで大量に生まれた世代です。だからとにかく人数が多い。高度成長期の負の遺産ともいわれる、何かと害のある世代なんだとか。

一時、老害って言葉もありましたよね。戦争は終結し、親の世代ほどの苦労はなく、学生時代はデモで大暴れ。勉強せずに社会人に。就職した会社はほぼ全員、正社員として終身雇用、年功序列、組合が守られ、今のように仕事を失うリスクがありませんでした。しかもバブルもあったし。とにかく、時代の恩恵をたっぷり受けてきた世代といってもいいのかも。

そのせいでしょうか、何しろ我慢が嫌い。家の母もそうですが、人に説教するのは好きでも、注意される事は嫌い。自分には甘く、若い世代には厳しい。

それと承認欲求が強く、とにかく自分を最優先にして欲しい。

順番を待つという、幼児でも出来そうな事が出来ない人が多いです。よくいませんか?病院の待合室で、キレてる爺さんや、婆さん。家の母も病院で騒ぎはしませんが、何度も「受付行って、まだか聞いてきて!」と言います。聞いてきたからといって、順番が早くなるわけじゃいのに・・・

で、こういう婆さんは孫の子育てに、責任はなく、自分上げ⤴にも繋がるので、無責任に自慢しまくるわけですよ。

ただ、その孫に何か問題が起きた時にどうなるかというと・・・

怒りの矛先は娘や嫁に向かい

「あなたが〇〇(孫の名前)をほったらかしにしてたからじゃないの?」

「子供が小さい頃から働いたりするから。」

「〇〇さんとこのお孫さんは、もう立派に就職してるっていうのに。」

「学校辞めて、どうするつもりなのよ。これじゃあ、就職も無理ね。」

「あなたが手をかけて、育ててないから・・・私達の時は、母親は家庭に入って、家にいたものなのに・・・」

と、今、そんな事言って、何の解決になる?って事を延々と言い続けます。

今は大学に入っても、就職しても、それで安心という事ではなく、退学する子、就職しても1年足らずで辞めてしまう子、様々に問題が起こります。私の周りでもよく聞く話です。ずっと順調だったからが、通じる時代じゃないんですよね。今の子は弱いと、こういう問題が起こると言われますが、昔のように終身雇用はないし、ブラック企業も多い。景気も高度成長やバブルのような事は起こりようもないです。確かに、今の子達は数も少なく、家庭や学校でも大事に育てられてきた、甘ちゃんかもしれません。

でも、こういう事ってどの世代にも、あると思うんです。そんな威張れるほど、あんた達世代は子育て完璧だったのか?って。

せめて、子育てに関して責任がないなら、温かく見守るって姿勢くらい、見せられないかと思います。子供の問題は親が一番、キツいんです。

それなのに、お祖母さんがこの調子だと何も相談出来ません。

この世代の婆さんは我慢が嫌いなので、孫の事でも悩んでる事自体が、もう無理!なんですよ。だから、悪いのは誰だ!娘だ!嫁だ!と責め立てて、この我慢してる状態を回避しようとするんです。

文句言ってるだけの人は楽ですよねえ・・・多分、この世代の爺さん達も会社でこういう事をやってきたんでしょうけど。

よく映画やドラマで、優しいお爺ちゃんや、お婆ちゃんが、家庭内で問題があると

「大丈夫よ~あなたの子じゃないの。信じてれば大丈夫。」

なんて、励ましてる場面がありますが、そんなの都市伝説ですよ。

でも、こういう年寄りは、自分達の介護を子世代にやらせる気、満々です。

家の母親も、私はちゃんと施設に行くから~と今は言ってますが、施設って、団体生活ですからね。家の母が我慢出来るとは思えません。

我慢出来ない、爺さん、婆さんがこれから大量に施設入所していくわけですよ。介護士さんの御苦労が忍ばれます。

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
日記・雑談ランキング