漢方薬は専門の薬局でないと駄目なのか。

f:id:kobumarux:20190909154540j:plain


 閉経へと向かって、順調に更年期不調に悩まされ、婦人科への受診が続いているわけですが・・・自律神経の薬に寝る前の睡眠導入剤に、漢方薬のハンゲコウボクトウと、徐々に不調に合わせて、薬が増えてきてしまいました。一度、漢方薬中途覚醒があるという事で、キヒトウに変えましたが、あまり効果がなく・・・なんとなく、このままずっと飲んでいて大丈夫なのだろうか?と思い始めました。

どうせ長く飲み続けるなら、漢方薬の方が良いんじゃね?って気がします。

で、近くに漢方の専門医がないかなあと探してみました。まあ、今はどこの病院でもある程度、漢方薬は扱っていますが、専門医となると中々いないんですよね。

とりあえず、漢方に詳しそうな病院を見付けたので、行ってみました。ただ、その先生は専門が整形外科なんです。なので痛みの軽減に漢方薬の勉強をされているようで、評判は悪くはありません。

ただ、整形なので激混みなのを、覚悟して行ってみました。やはり、待ちましたけど・・・

診察室に入り、一通り、今の状態を説明しました。すると

「今の症状に飲んでいる漢方薬は、あまり合ってないんじゃないかと思います。もう少し、気持ちをリラックスさせて、中途覚醒が起きないように眠れるようになるものが良いでしょう。」

と、二種類を処方されました。今は薬事法が改定され、二種類以上は出せないそうです。

で、暫く飲んだわけですけど・・・効かねえ・・・ていうか、前より状態が悪くなった感じで、気持ちの落ち込み、やる気のなさ、体のダルさ、ハンパないって感じまで、落ちちゃいました。それで、何度か処方を変えて貰ったりしたんですが、低め安定という感じです。

病院なので、費用の面は保険適用なので、良いのですが、果たして私に合った漢方薬をしっかり選んでいるのかは、よくわからないし、効いてる感じもないわけです。

そんな時に群ようこさんの「ゆるい生活」を本屋で見つけて読みました。

50代に入った群さんが、ある日突然、眩暈に悩まされるようになり、知人に紹介された漢方薬局で、徐々に治っていく体験が書かれています。

群さんは水分の取り過ぎという事で、その薬局でリンパマッサージも受け、体の老廃物や浮腫みを取り去りつつ、漢方薬を使って、健康を取り戻していきます。

こういった本を読むと、やっぱり専門の薬局に行かないと駄目なのかな~と・・・

でも、専門薬局って凄く高そうだし、いろいろ売りつけられちゃっても大変だし、どうなんだろう・・・と悩みます。だって、続けられなきゃ意味ないわけですから。

ただ、このまま体調がスッキリしないのも、これはこれで困ります。

まあ、結局、漢方薬局へ行くんですけどね。その話はまた。