90の爺さんの意思とは

f:id:kobumarux:20190909160422j:plain


介護施設への入所の条件に、本人の意思確認があります。勿論、本人が拒否してるものを、強引に入所させる事は出来ません。病院ではないし、入所してからトラブルを起こしては困るからです。

でも、私の93歳になる叔父なんですが、認知症の薬も飲んでいます。

叔父は前妻を病気で亡くして、独身ですが、今は同居する女性がいます。もうその方とも20年程、一緒に暮らしていますから、内縁の妻ですね。でも、その方も80を過ぎた婆さんです。どうにかこうにか二人だけで暮らしていますが、その女性も持病もあるので、二人だけの生活も、だいぶ危なっかしいものになってきています。

子供達や周囲の心配もあって、介護認定を受け、ケアマネジャーも付けて貰い、週に何度かディサービスも利用する事になりました。

ここまでは良かったんですが、ある日、叔父が自宅で転倒してしまいます。

顔から流血し、腕も打ちましたが、幸い、骨折はしませんでした。

この事があって、もう二人だけの生活は無理だろうと、施設入所を勧めたのですが・・・

この叔父、物凄く口が達者で、物腰も軽く、元気は元気なんですよ。だから

「なんで、俺がそんな所へ入んなくちゃならんのだ!」

と、怒り出すわけです。一緒に暮らしている方は、この話になると、我関せずで、だんまりです。

で、なんとかこの叔父を説得にと、息子やら孫やらで話しをするのですが、その時は

「そうだな。」

と返事はするものの、ケアマネジャーが来ると

「そんな事言った覚えはない。まだ大丈夫。施設には入らない。」

と、しっかり返事をしてしまいます。

で、

「ご本人がこう、おっしゃってますし、まだ大丈夫そうですから・・・強制的に入れる事は出来ません。」

と、手続きもしてくれません。

でも、90過ぎた認知症の爺さんの意思確認って、そんなに重要ですか?周囲はもう無理だと言って、施設へ入れる準備をしたいのに、まだ本人の意志でって・・・

叔父の家は古い一軒家ですが、クーラーは寝室だけで、居間にはありません。皮膚感覚が鈍くなっているので、暑さが分からず、その部屋に扇風機も付けずに居る事もあります。熱中症で死ぬんじゃないかと、周囲はヒヤヒヤしています。

誰だって、施設に行くのは嫌だと思います。叔父の年代なら尚更でしょう。でも、このまま高齢者二人だけで、生活してくのは、どう考えても困難だと思えるのに、なぜ?って思います。

後は叔父が倒れるか、骨折して入院するかしか、方法ってないように思えてきます。

そんなもんなんでしょうかね・・・

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
日記・雑談ランキング