前夫側代理人

f:id:kobumarux:20190909163644j:plain


私が調停を申し立てた事で、前夫は驚いた事にS弁護士に電話してきました。

で、開口一番

「なんか~裁判所から離婚調停の申し立てって事で~書類が来たんですけどぉ~。これって、こっちも弁護士を立てた方がいいって事っすかね?」

S弁護士一言

「お好きに。」

S弁護士は

「どうも、旦那さんは事の重大さに気が付いてないようですねえ。」

と、言ってました。でしょうね。

それから、あちらも考えたんでしょうね、弁護士を立ててきました。

といっても、自己破産の手続きをお願いした弁護士に、離婚も頼んだって事なんですけど。

ただ、この弁護士の先生、お若い先生でしたけど・・・

私は前夫の会社で社員として働いていました。保険も社会保険だったわけです。でも、こういう事態になったので、退職して国保への切り替えをしなくてはなりません。で、その旨をこの先生にお願いしたわけですが・・・1週間経っても連絡がありません。持ってる保険証もこのまま使っていていいのか分からず、困っていたところ、知り合いの保険の外交をやっている方から、そういう場合は年金事務所へ言えば、そこから言ってくれますよ。と聞いて年金事務所に電話し、状況を説明しました。対応して頂いたのは、男性の方でしたが

「それは困りますね、普通、退職したら、すぐに国保へ切り替えるようにしなくてはいけません。どちらの弁護士さんですか?」

と聞かれたので、〇〇弁護士事務所です。と前夫の弁護士の名前を伝えました。

「では、こちらからすぐに問い合わせてみます。それでも何も言ってこなかったら、もう一度連絡下さい。」

そしたら、1時間もしないうちに電話がありましたよ、弁護士から。

で、明日書類を用意しておくので、取りに来てくださいって。

然るべき所から連絡があると、早くやるんですねえ・・・

という事で、取りに行ってきました。

でもね・・・とっても感じ悪かったです。通された会議室?というか部屋なんですが、床は埃だらけだし、本棚にルーレットの大きな盤が飾ってあって、隣には『ギャンブル依存症』という本が。女性社員の方が書類を持ってきましたが、化粧が濃い、茶髪のおばさんでした。

まあ、貰うもの貰えば用はないので、早々に帰ってきましたけどね。

いろいろな弁護士事務所があるもんです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ


日記・雑談ランキング