調停日が決まる

 最近は介護の話などで、離婚の話がストップしてました。

裁判所で前夫の会社の経営状況などを調べている間に、S弁護士から、1回目の調停日が決まった事の連絡が入りました。

日程は1ヶ月後。平日の午後です。こちらとしては、準備万端、かかってこいやー!的な体制で迎え撃ちたいところです。

ところがです。

なんと、前夫側は代理人の弁護士は日程OKだが、前夫本人がその日は都合が悪いと、日程の変更を申し出てきたって言うんですよ。

「そんな事ありですか?」とS弁護士に聞いてみなすと

「普通、調停の日にちを変更してくれ、なんて事を言ってくる人はあまりいません。裁判所としては、こちらだけ出廷でも構わないと言っているし、出てこない事で、こちら側の言い分も通りやすくなります。出廷した方が有利ですよ。」

という事でしたので、即答で「行きます!」と返事をしました。

しかし、前夫という人は、流石というか・・・多分、それほど重大な事とあまり考えていないというか、考えられない人なんですねえ、相変わらず。

何でも自分の都合良く、物事を脳内変換していく癖はありましたけど。

それにしても、裁判所から通知が来てるんだからさーどんな都合か知らないけど、出てこいって話ですよ。

それとも嫌がらせなのか?でも、どっちにしても出てこない事で、前夫側は不利になりますし、調停員の心象も悪くなるって事ですからね。

私としては、準備を粛々と進める事にしました。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村