見えてきたもの

 

裁判所へ通う事、三日。いろいろと見えてきました。自己破産の申し立て書には、前夫の会社の決算書も添付されていました。これで会社の経営状況も分かります。

それによると・・・

・銀行からの返済の殆どは、ほぼ返済されていない事。月々の返済額が決まっているのにも関わらず、返済されたのも最初の1,2カ月のみ。借り入れから6年経っているものも、返済額は数万円というものも。

・事務所移転前までは、取引先への支払いも毎月行われていたが、それからは、払ったり、払わなかったりになっていた。

・事務所の家賃の未納 60万(家賃1ヵ月6万弱のところです)

・厚生年金料や社会保険料、税金の未納額 250万

 

などなど、挙げれば、よくわからない借金が、うじゃうじゃとあるわけです。

会社の通帳のコピーがあったのですが、そこから光熱費や家賃など、引き落とされるようになっていたはずです。でも、私が知っている口座は解約されていて、別の銀行に変更されていました。

しかーし、その口座の動きが、とってもおかしくて、売上金が入金されると、その日中にほぼ全額引き出され、残るのは数円。月末までそういう事が繰り返され、常に残高は数円なわけですから、そりゃあ、家賃だって引き落とされませんよ。

で、この引き出されたお金がどこへ消えたのか。

本人はこのように弁明しています。

『会社の経営状況をしっかり見極める事をせず、ただ目先の対応だけしかしなかった事。資金不足した際にその場を凌ぐための借入をしてしまった事。会社の経営が厳しい状況に陥った際、直ぐに生活を改め、収入に見合った生活をすれば良かったと反省しています。』

だそうですよ。借りた物をほぼ返済する気もなかったくせに、よく言いますよ。

思い出しました。前夫は反省した事がないと言っていた事を。とんでもない事になった時でも

【そうなってしまったのは、そうするしかなかったって事だから、俺は悪くない】

こういう言い訳を平気でする人です。

何度もこれで喧嘩になり、その考え方はおかしい!と言いましたが、彼は聞き入れる事はありませんでした。

その結果がこういう事なのでしょうかねえ・・・

私はなぜ、こんな人と結婚しちゃったんだろう・・・と反省しきりです。

出会った頃の私にビンタして、この男は数年後に必ず、あんたを騙す!目を覚ませ!と言ってやりたいです。

こうしてある程度の成果を得て、裁判所通いは終了しました。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村