トイレの問題

f:id:kobumarux:20191129225720j:plain


先日、いつものように実家へ行くと、鳴り響く母の怒声が。また父がトイレで粗相をしたようです。父は今のところ、自力で歩いてトイレに行けますが、認知症と足のふらつきが相まって、失敗してしまう事があります。勿論、わざとやっているわけではありません。でも、母はそれが許さず、「いくら言ったら分かるの!足をしっかり開いて、ちゃんとしないと漏れちゃうの!何遍言っても分からない!掃除するこっちの身にもなってよ!洗濯物ばかり増やして!」と、怒ってるわけです。父は黙って項垂れています。あー、またか。。。

でもここで私が、仕方ないじゃんと割って入ろうものなら、母はもっと怒り続けます。だから、ひたすら怒りが収まるのを待つしかありません。私も黙っているので母は「仕方ないって言うけど、片付けさせられるこっちの身になって貰いたいよ。毎回、毎回汚して。認知症だからって、気をつければ普通は汚さないよ。こんなんじゃ、施設に行っても叱られて嫌われるんだよ!」とブツブツ言っています。きっと施設では叱られないし、もっと優しく世話をして貰えると思いますけどね。

このトイレの問題、介護にする者には一番の難題ですね。大人の排泄の処理ですから。出来ればやりたくない気持ちも分かりますが、怒るってどうなんでしょう?子供のように叱られるのも、いくら認知症で忘れるといっても嫌な事だと思います。まだ父には羞恥心もあるので、私がトイレの介助をしようとすると、嫌がる事があります。なので、少し離れたところで見守るのですが、母はそういう父の気持ちに全く配慮しません。親子と夫婦で違うのかもしれませんが。以前、作家の曽野綾子さんがエッセイで、親の介護を引き受ける事になった時に、自宅のトイレを改装し、汚れても水で流せるようにした事が書かれていました。排泄の問題はすぐに掃除して、それも楽に出来るようになっていないと、自分が辛いからだと。確かにそれは一律あるなあと思います。

実家の近所のお宅で、やはりそこのご主人が高齢になって、トイレを汚す事が増えたんだそうです。そしてそれを掃除するのは妻です。で、あまりに汚すので、その度に夫に文句を言っていたら、そこのご主人は庭でするようになったとか。でもそこの奥さんは「当て付けにやってるんでしょうけど、私もそれならそれでとほっておいてるの。もう、トイレ行くたびに掃除するのはうんざり。庭なら誰の迷惑にもならないからね。」と。。。

なんだかこの話も、物悲しさを感じるのは私だけでしょうか。。。

老後資金2000万が必要

f:id:kobumarux:20191129225421j:plain


老後資金が2000万必要って、話ですけど、老後っていつからなんでしょう?今って、定年退職しても働いてる人が多いですよね。皆さん、動けるうちは働かねばって感じで、70過ぎても仕事している方は男女問わず、沢山いらっしゃいます。年金だけで生活出来るわけじゃないですしね〜 ていうか、私達が年金を貰える年になった時に、果たして財源は残っているのか?私は年金を貰う権利はあるけれど、満額出るだけの財源はないって話になっているような気がします。下手すれば一律一人にこれだけって事にもなるかも。それに健康保険もどうなるか。こちらも保険はあれども、財源破綻って可能性もあります。とにかく、若い世代より年寄り世代の人口が多すぎですから。支えていく世代が少ないんじゃ、どうしようもないですよ。

そうなると、せっせと貯蓄に励むべきなんでしょうけどね。

私はそろそろ、生活をダウンサイズして少ない物やお金で暮らしていけるように、していくべきだな〜と考えています。無駄な物は買わない、持たない。ミニマリズムまでいかなくても、それに近い生活が、年を取ってから楽なんじゃないかと思います。

実家の母を見ても、物に溢れた生活は大変です。やたら物を取っておく事や、似たような物を幾つも持つのも無駄です。

来年は私も引っ越しを控えているので、断捨離せねばと思っています。

まずは服を減らし、要らない物はどんどん処分していこうかと。。

そう思いながら、中々気持ちがアップしないのがね〜更年期だからでしょうか。

年末にかけて、頑張りたいとは思うのですが。。

尊敬する人

f:id:kobumarux:20191129225147j:plain


高校生の頃に部活の先輩と、尊敬する人は誰?という話になりました。多分、就職や進学の際の面接で聞かれたら、誰って言う?みたいな事でそんな話になったと思います。

その時に先輩が「私はお母さん。家の母のようになりたいって思うよ。」と言って、へぇ〜と思いました。当時の私に母を尊敬とか考えた事もなかったので。先輩のお母さんはいつも朗らかで、明るく前向きで、お母さんといると安心するのだと言ってました。家事全般も得意だったようです。

それに比べてというか、私の母は気分で怒って、いつもイライラして、家事をするにもヒステリックに怒りながらやるのが常でしたから、世の中にはそんなお母さんもいるんだな〜と素直に驚くと共に、羨ましいな〜とも思いました。

で、その日帰宅して夕食の時に、何気なくそんな話を母の前でしたのですが、母はそれを聞いて「あんたは自分も母を尊敬してるって、言ったんでしょうね!」と言うではないですか。呆気に取られて見ていると、なんでそう言わないんだ!母親を尊敬してて当たり前なのに、そう言わないあんたはおかしい!と怒る、怒る。

仕舞いには、明日その先輩に私も母を尊敬してますって言ってこい!と言い出す始末。

高校生でしたが、この人はおかしいと確信しました。こういう事を自分で言って、恥ずかしくないのかと思いますが、そういう感情より娘から、嘘でも尊敬していると言われたいっていう欲求の方が強いという。。救いようがないです。中学生の頃も母の日を忘れたと詰られ、次の日にハンカチを買ってプレゼントしましたが、「今更、こんなの貰ったって。」と投げ捨てられたりもありましたから、どこを取っても尊敬出来るところなんて、皆無です。

自分では家事全般を完璧にこなしていると思い込んでいますが、料理は味の素をバカスカ使う味音痴だし、整理整頓は苦手で、リビングのテーブルは物でいっぱい。引き出しの中はぐちゃぐちゃ。掃除も掃除機を持つと、なぜかヒステリックに喚き出す、おかしな癖がありました。酷い時は掃除機を振り回して、怒り出します。よっぽど掃除が嫌だったんでしょうね〜

なのに、自分は完璧な妻で完璧な母親と思い込んでいる。病気ですよ。

年を取っても、この性格は変わらず、今も自分に感謝しろ!感謝が足りない!誰のおかげで!と日々、喚いています。

寝る前の準備が多くなる

f:id:kobumarux:20191129224840j:plain


朝晩はめっきり寒くなってきましたね。ただ、日中はそこそこ温度が上がり、この気温差が更年期不調世代には、キツいところです。

私は40代に入ってから、足の冷えに悩まされるようになりました。若い頃は冷えってなに?というくらい、暑がりだったのに。今は素足で過ごすというのは夏でもキツいです。

なので、この時期は寝る前の準備が大変です。まず、お風呂から出て冷えないように、レッグウォーマーと厚めの靴下を履き、湯たんぽを作ります。これを寝る30分から1時間前に布団に入れておき、布団全体を暖めておきます。

それと、首元の冷えで風邪も引きやすいので、ネックウォーマーをして、最後にちょっとした物音で目が覚めるようになってきたので、シリコン製の耳栓をしてから、布団に入ります。

これに寝る前に簡単なストレッチも出来れば、万全なんですが。ふぅ〜

これ一つでも忘れると、足元が、冷えて眠れません。

きっと年と共に筋肉量も減り、運動不足も相まって、冷えが加速してるんだと思います。

これでは、いかん!と思って、毎日30分程のウォーキングを始めました。でも歩くの好きじゃないので、いつまで続くか。。

でも健康の基本は、歩く事といろんな所で言われていますが、歩かないと駄目なのかな〜

歩かなくても大丈夫って話は、あまり聞きませんね〜普段、殆ど車生活(田舎なので)なので、本当に歩かないんです。年を取ったら大変だと言われるし。。

毎日、歩くのか?歩かないのか?と悩む日々です。とっとと歩けよって話ですね。

頑張って歩きます。。

 

病的な嘘つき?

f:id:kobumarux:20191109213109j:plain


家の母は嘘つきです。なぜ、そんなすぐにバレるような嘘を付くのか不思議です。そしてバレても、また嘘を付き認めようとしません。きっと嘘を付いている自覚がないんでしょう。

一番、嫌な嘘は実は自分が思っているけれど、それを言うと相手が不快な気分になったり、自分を嫌う可能性がある。だけど、言ってやって思い通りにしたい時に、こんな嘘を付きます。例えば

「そういえばね、この間○○があんたの髪型を変だって、言ってたわよ~。もう少し切った方が良いのにって。」

と、こんな感じで言ってきます。ここで出てくる○○が私の髪型など気になる人ではないし、仮にそう思っていても、口に出して言わない人です。なのでこれは私の髪型を気に入らない母の嘘なんです。しかし、ここで嘘でしょ!と問い詰めると、物凄く怒り出します。なので、スルーするのが正解なのですが、これがしつこく言ってくるわけです。要するに、私が髪型を自分の思い通りに変えるまで、いろんな人の名前を出して、言い続けます。あまりにしつこいので、スルー出来ずに喧嘩する事も度々。

一度、名前を出された人に聞いてみた事があります。こんな事言いましたか?って。

言われた人は驚いていましたよ。そんな事言ってないのにって。こういう事されるのって迷惑ですよね。でも、母はそういう人だと言う事をわかって貰えて良かったかもです。じゃないと、被害者が増えるばかりなんです。身内だけならともかく、他人との間でもやるので、どんどん信用を無くし、そして誰もいなくなった状態ですけど。

でも、母本人は嘘を自覚してないので、相手が不快な気分になる事が分かってないし、自分がやっている事は正当な事をしていると本気で信じています。

こういう母のような人は他人の気持ちが理解出来ません。すべての他人は自分と同じ気持ちで、違う考えがあるという、基本的な事が分かっていません。なので、違う意見を言う人を嫌い、攻撃します。

結局、こういう事が続くので、老後は孤独になったわけですが。

嘘つきは嫌われます。病的な嘘つきは余計です。私もこの母の嘘を華麗にスルーしたいのですが、嫌な気持ちになるので、本当に許せません。

 

 

自分のワードロープを完成するってどうするの?

f:id:kobumarux:20191108220531j:plain


いろいろ悩み多き、更年期世代ですが、今の時期、よく聞こえてくるのが、着る物に悩む〜って声です。特にこの季節の変わり目。朝晩は寒いのに、日中は暑い。風邪を引いたりしないように工夫が必要です。それだけじゃなく、なんだか今まで着ていた物が似合わない。それは体形の変化も含めて、今まで似合っていたと思っていた物が何だか、しっくりこない。顔写りが悪いなど・・・毎日、服はあれどもなんだか垢抜けない。

これってセンスの問題なのでしょうか?

本屋に行くと、ワードロープに関する本が多くあります。やっぱり悩んでる人って多いんだなあと実感します。殆どがスタイリストの方による、似合う服の見分け方や、ワードロープの作り方などですが、読めば読むほど分からなくなるという・・・

芸能人のように、スタイリストが付いて、自分のためにコーディネイトしてくれたら、どんだけ楽か。だって、自分に何が似合うかって本当に分かっている人って、そう多くないと思うんですよ。

洋服も数あればいいってもんじゃないし、基本のラインを決めて、上手く着まわすっていうのが理想的なんですが、どないすればいいんじゃい!って感じなんです。

去年、思い切って、洋服を断捨離はしてみたものの、それでもまだ多い気がします。フランス人は10着しか服を持たないとか言いますけど、日本人には無理ですよねえ・・・

でも、OLしてる時に一人いました。とってもセンスの良い方が。毎日、通勤で着てくる服がなんだかとっても垢抜けてる。おしゃれな人だなあと関心していたんですが、同じ部署の女性が「彼女って、凄くおしゃれだけど、よーく見てごらん。少ないアイテムで1週間着まわしてるよ。」と教えられ、さりげなくチェックしてみると、確かにスカートは2枚、ツーピース、ブラウス、ジャケット、ワンピースを上手く組み合わせて、それにスカーフなどで変化を付け、1週間着まわしていました。言われるまで気が付かなかったです。

とてもセンスの良い人で、自分に似合う物がよくわかっているんでしょうね。そしてすべての服が、他の物とちゃんと組み合わせられる物にしてあるという。これって理想ですね。

でも、基本、私はセンスがないようです。それに年と共に気になる腹回りと腕回り。

いっその事、毎日ワンピースってどうよと思ってみましたが、それもねえ・・・

もう少し、研究が必要かもです。

 

私だけを褒めて

f:id:kobumarux:20191107224753j:plain

 


病院から施設へと、意外に父はそれほど嫌がる事もなく、入所となりました。ただ、本人的には一時的なものであって、いずれは自宅へ戻る事になるのだと考えての事ですが。

私としては、このまま施設にいる方がいいのかな〜と思える感じでしたが、先の事を案じても仕方ないので、今は父が施設の生活に早く順応して貰う事を優先でと思っていました。

な・の・に・・・またしても母のおかしな行動が、混乱を招きます。

父が入所してから、毎日、怒涛の如く施設へ通うんですよ、母が。最初は仕方ないのかなと、私も付き合って通いましたが、それが1ヵ月、2ヵ月と続き、理由を聞くと、

「お父さんが施設で粗末に扱われているのを、見ているのが辛い。家族が行かないとほっとかれる!」

と言って、意地でも毎日通うんです。誤解のないように言っておきますが、けっして施設ではそういう扱いはしていません。どちらかというと、毎日通ってくる母に対して、持て余しているようでした。毎日来て、父にべったりと張り付いて、世話を焼いているので、施設側からしたら、なんで施設に預けたんだろう?家で看たら?って感じなんです。それに愛情があって毎日来てるというより、良い妻アピールというのでしょうか、私は妻として、こんなに尽くしてるんですよ~と訴えて、賞賛されたいという、母の嫌な癖です。そりゃあ、最初は皆さん、「奥さん、毎日来られて、旦那さんが心配なんですねえ。」と言ってくれましたけど、毎日ですからね、そのうち奇異な目で見られるようになりました。だって、誰もいない所で父に文句を言ったり、怒って怒鳴ったりしてますから。愛情があってやってるわけじゃないって、バレバレなんですよ。

なので、自分でもつまらなくなって、今度はこんな施設じゃ可哀想!家に連れて帰る!と騒いで、ケアマネが止めるのも聞かず、連れ帰りました。

3ヵ月もたなかったですね。で、在宅での介護になったというわけです。

現在、父はデイやショートステイは行っていませんが、週2回入浴サービスと週1での訪問介護を受けています。

母はデイには行って欲しかったようですが、父が嫌がったので却下。ショートステイは何度か試して行っていたのですが、母が施設側で洗濯をしてくれない、たくさん持って帰って来られると迷惑という理由で却下。

今は自宅介護で頑張っている私を褒めて~!と世界の中心で毎日騒いでいます。