晩節を汚す

テレビは連日、沢尻エリカですね。10年前から常習とは、完全なジャンキーです。復帰より薬を本当に断てるかの方が問題だと思います。

で、その事よりも、殿、ご乱心です。

先週から週刊新潮で扱っている、タケシの問題です。長年、タケシの運転手を務めてきた方が、タケシが今、付き合っている姉ちゃんのせいで、守銭奴となり、すっかり変わってしまい、自身もこの姉ちゃんからパワハラを受け、体調を崩したという事で、裁判を起こしているという話なのですが、どうして高倉健しかり、老齢になった男性は、こうも厄介な女性に引っかかるのか?新潮によると、この姉ちゃんと言われる女性、お金がかかるけれど、パンツや靴下も履かせてくれて、タケシを褒めちぎり、殿は大変、ご満悦なのだそう。長年連れ添った奥さんでは、そこまでしてくれないので、そういう事が嬉しくなっちゃうんでしょうか?でも殿も孫がいるお年なのに、お盛んというか、中身はそこまで熟成されてないのかなと思いました。案外、幼稚なのかなと。よく男はいつまでも子供だからというけれど、老いて尚というのも痛い感じがします。

私の親戚の叔父でもいましたね〜奥さんを早くに亡くし、70そこそこで、独り身になったんですが、娘が3人いて皆、近くに暮らしていたので様子を見に行ったり、行き来をしていました。なのに、同窓会だったかな〜そこである同世代の女性と知り合ったんです。その方、昔、水商売にもいたとかなんとか。で、娘達の目を盗んで会っているうちに、深い仲になり、そのうちその女性が家に入り込み、叔父さんの資産状況について、あれこれ言い始めたんですね。で、一番下の娘さんに奥さんが存命の時に、住宅資金を援助をしてたんですが、それを見つけ、これはおかしい!と言い出して、なんと叔父はそれを間に受け、弁護士に相談し、裁判まで起こして返済を迫る有様になってしまいました。他の娘達が間に入って止めても聞かず、結局、娘達全員と喧嘩。その時の叔父は自分の娘達の事を「あれだけお金をかけて育ててやったのに、こっちが年を取ったら何もしてくれない。それに比べて彼女は何でも親身に聞いてくれて、よくやってくれるんだ。」と、すっかりその女性に手懐けられていました。その後、叔父はその女性名義で一戸建住宅まで買い、そこで2人で暮らし始めるのですが。。2年後に叔父は脳梗塞で倒れ、寝たきりに。そうなったら、その女性は娘達に「私は籍が入ってるわけでもありませんし、看る筋合いではありません。」と病院へ入れて知らん顔。娘が「じゃあ、父の預金通帳も出して下さい。」と言うと、ポンと通帳を放り投げ、「ろくに残っちゃいませんよ。」と言葉の通り、残高は1桁だったとか。

結局、叔父は娘が探した施設でお世話になり、そこで亡くなりました。勿論、お葬式も娘達で出しましたけどね。

タケシも同じとは、言いませんが、なぜその年で?と思います。1人じゃいられないのかな〜叔父も寂しかったのかもしれませんが、なぜお金の事まで、警戒せずに見せてしまうのか?優しくされて、信用しちゃうのかな。

タケシがどういう晩年を迎えるのか、分かりませんが、あまり晩節を汚すような事にならなければいいですね〜

娘と同じ服が着たい

 私は息子しかいないので、わからないのですが、娘がいると、娘と同じ服装をしたい、もしくは娘が着てる物なら、自分もイケんじゃね?と思うものなのでしょうか?今は友達親子という言い方で仲良し親子だと、服の共有もありなんでしょうけど、私の世代で母が私と同じ服を着たがる事に、どうしても違和感を感じます。

家の母は私が若い頃から、共有ではないですが、買い物に行くと同じ路線で服を探します。私が30代で母が今の私くらいの年の時も、服装から化粧まで真似したがりました。

見方を変えたら、微笑ましい感じに思えるかもしれませんが、年が違いますからね。母に私の方が似合うわとか言われると、あまりいい気分はしません。なぜ、同じ基準で考えるのか?同性だから仕方ない事なのかな〜?

でも友達に聞いても、私世代だとあんまりいないんですよね、こういう母親。やっぱり年なりって事がありますから。世代に合った服装を選ぶ事が普通だと思います。

特に私は母が好きではないので、自分と同じ基準で考えられると、べったり張り付かれてるようで気味が悪く感じてしまいます。

私が過剰に反応してるのかもしれませんけど。。どうなんでしょうね。

夜中の電話

夜中に突然電話が鳴ります。あー、またかと嫌々出ます。やっぱり母です。

(このお話は2年位前の話です。父が認知症発症して、一番ゴタゴタしてた頃です)

この電話がかかってくる前に、私と父の事も含めて、喧嘩をしていました。いつものように母が自分だけが大変な思いをしている、誰も何もしてくれないと始まって、私には今まで育ててやった恩も忘れてと言い出して、あれも買ってやった、これも買ってやったと言い出したので、私もキレました。で、何日か実家へは行ってなかったし、電話もしないで、かかってきても無視していたのですが、夜中なので仕方なく出たのでした。

で、母は開口一番

「今からね、あんたはどんだけ悪い娘で、私がどれだけ嫌な思いをしてきたか話してやるからね。」と言うわけですよ、午前3時に。なので「あー、聞きたくないから。」と言ってやったら、「聞きたくなくてもね、聞いて貰わないとね!私があんたに何をしたって言うんだい!何も悪い事なんてしてないよ!」と言うので、

「じゃあ、私もどれだけ嫌な思いしてきたか、話してあげようか?いろいろあるよ。」と言ってやり、一部、話してあげました。

母が中学生の私に、私が産まれた時に男の子じゃなくて、ガッカリした。女の子なんて欲しくなかったのに。と言ったこと。高校生の時に帰宅時に痴漢にあって、泣いて帰った時、警察に連絡する事もなく、事情も聞かず「誰にも言うんじゃないよ!」と怒鳴って終わりにした事を言ってやりました。すると母は「私がそんな事を言うわけがない!あんたは何か勘違いしている。頭がおかしいんだよ!」と言うので、私の記憶は正しい事、まだ他にもあるけど聞きたい?と言ったら、電話を叩きつけて切りました。

う〜ん。。母のような嘘つきは記憶も自分の都合良く、書き換えしているんですね。想定内でしたけど。ていうか、わざわざ夜中に電話してきて言ってやる!と息巻いていたわりには、自分の話はせずに自分から切りました。意味わかんね。とりあえず撃退してやったので、私はまた眠りについたわけですが。。朝、今度は別の電話に起こされる事になります。

母が遠くに住む親戚に朝から電話して、泣きついたのでした。。この破壊力、無駄なエネルギーを違う事に使ったらいいのにと思うのですが、母はこの親戚に私が酷い事ばかり言って、病気になりそうだと言ったようです。一応、そういう事じゃない事など説明しましたが、その親戚の叔母にこっちに来て〜このままじゃ死んじゃう!と言ったようで、わざわざこちらに出てくる事になってしまいました。

でもね〜来たところで、そんな深刻な状態じゃないし、ただ母は私との間に入って貰いたくて呼んだだけなので、目的が達成されると、もう帰って。となるわけです。

叔母も「なんだか今にも死にそうで、娘から虐待を受けてるくらいの事言うから、驚いて来たのよ。でもあの人、昔から些細な事でも大騒ぎするから。あんたも大変ね。適当に相手するくらいにしてないと参っちゃうよ。」と言って帰って行きました。

マジで、どうにかならないもんですかね、この婆さん。周りが疲弊していくだけで、何の生産性もないですよ。

最近は、ここまではありませんが、今も夜中におかしな電話をしてくるんじゃないかと、油断出来ません。

トイレの問題

先日、いつものように実家へ行くと、鳴り響く母の怒声が。また父がトイレで粗相をしたようです。父は今のところ、自力で歩いてトイレに行けますが、認知症と足のふらつきが相まって、失敗してしまう事があります。勿論、わざとやっているわけではありません。でも、母はそれが許さず、「いくら言ったら分かるの!足をしっかり開いて、ちゃんとしないと漏れちゃうの!何遍言っても分からない!掃除するこっちの身にもなってよ!洗濯物ばかり増やして!」と、怒ってるわけです。父は黙って項垂れています。あー、またか。。。

でもここで私が、仕方ないじゃんと割って入ろうものなら、母はもっと怒り続けます。だから、ひたすら怒りが収まるのを待つしかありません。私も黙っているので母は「仕方ないって言うけど、片付けさせられるこっちの身になって貰いたいよ。毎回、毎回汚して。認知症だからって、気をつければ普通は汚さないよ。こんなんじゃ、施設に行っても叱られて嫌われるんだよ!」とブツブツ言っています。きっと施設では叱られないし、もっと優しく世話をして貰えると思いますけどね。

このトイレの問題、介護にする者には一番の難題ですね。大人の排泄の処理ですから。出来ればやりたくない気持ちも分かりますが、怒るってどうなんでしょう?子供のように叱られるのも、いくら認知症で忘れるといっても嫌な事だと思います。まだ父には羞恥心もあるので、私がトイレの介助をしようとすると、嫌がる事があります。なので、少し離れたところで見守るのですが、母はそういう父の気持ちに全く配慮しません。親子と夫婦で違うのかもしれませんが。以前、作家の曽野綾子さんがエッセイで、親の介護を引き受ける事になった時に、自宅のトイレを改装し、汚れても水で流せるようにした事が書かれていました。排泄の問題はすぐに掃除して、それも楽に出来るようになっていないと、自分が辛いからだと。確かにそれは一律あるなあと思います。

実家の近所のお宅で、やはりそこのご主人が高齢になって、トイレを汚す事が増えたんだそうです。そしてそれを掃除するのは妻です。で、あまりに汚すので、その度に夫に文句を言っていたら、そこのご主人は庭でするようになったとか。でもそこの奥さんは「当て付けにやってるんでしょうけど、私もそれならそれでとほっておいてるの。もう、トイレ行くたびに掃除するのはうんざり。庭なら誰の迷惑にもならないからね。」と。。。

なんだかこの話も、物悲しさを感じるのは私だけでしょうか。。。

老後資金2000万が必要

老後資金が2000万必要って、話ですけど、老後っていつからなんでしょう?今って、定年退職しても働いてる人が多いですよね。皆さん、動けるうちは働かねばって感じで、70過ぎても仕事している方は男女問わず、沢山いらっしゃいます。年金だけで生活出来るわけじゃないですしね〜 ていうか、私達が年金を貰える年になった時に、果たして財源は残っているのか?私は年金を貰う権利はあるけれど、満額出るだけの財源はないって話になっているような気がします。下手すれば一律一人にこれだけって事にもなるかも。それに健康保険もどうなるか。こちらも保険はあれども、財源破綻って可能性もあります。とにかく、若い世代より年寄り世代の人口が多すぎですから。支えていく世代が少ないんじゃ、どうしようもないですよ。

そうなると、せっせと貯蓄に励むべきなんでしょうけどね。

私はそろそろ、生活をダウンサイズして少ない物やお金で暮らしていけるように、していくべきだな〜と考えています。無駄な物は買わない、持たない。ミニマリズムまでいかなくても、それに近い生活が、年を取ってから楽なんじゃないかと思います。

実家の母を見ても、物に溢れた生活は大変です。やたら物を取っておく事や、似たような物を幾つも持つのも無駄です。

来年は私も引っ越しを控えているので、断捨離せねばと思っています。

まずは服を減らし、要らない物はどんどん処分していこうかと。。

そう思いながら、中々気持ちがアップしないのがね〜更年期だからでしょうか。

年末にかけて、頑張りたいとは思うのですが。。

尊敬する人

高校生の頃に部活の先輩と、尊敬する人は誰?という話になりました。多分、就職や進学の際の面接で聞かれたら、誰って言う?みたいな事でそんな話になったと思います。

その時に先輩が「私はお母さん。家の母のようになりたいって思うよ。」と言って、へぇ〜と思いました。当時の私に母を尊敬とか考えた事もなかったので。先輩のお母さんはいつも朗らかで、明るく前向きで、お母さんといると安心するのだと言ってました。家事全般も得意だったようです。

それに比べてというか、私の母は気分で怒って、いつもイライラして、家事をするにもヒステリックに怒りながらやるのが常でしたから、世の中にはそんなお母さんもいるんだな〜と素直に驚くと共に、羨ましいな〜とも思いました。

で、その日帰宅して夕食の時に、何気なくそんな話を母の前でしたのですが、母はそれを聞いて「あんたは自分も母を尊敬してるって、言ったんでしょうね!」と言うではないですか。呆気に取られて見ていると、なんでそう言わないんだ!母親を尊敬してて当たり前なのに、そう言わないあんたはおかしい!と怒る、怒る。

仕舞いには、明日その先輩に私も母を尊敬してますって言ってこい!と言い出す始末。

高校生でしたが、この人はおかしいと確信しました。こういう事を自分で言って、恥ずかしくないのかと思いますが、そういう感情より娘から、嘘でも尊敬していると言われたいっていう欲求の方が強いという。。救いようがないです。中学生の頃も母の日を忘れたと詰られ、次の日にハンカチを買ってプレゼントしましたが、「今更、こんなの貰ったって。」と投げ捨てられたりもありましたから、どこを取っても尊敬出来るところなんて、皆無です。

自分では家事全般を完璧にこなしていると思い込んでいますが、料理は味の素をバカスカ使う味音痴だし、整理整頓は苦手で、リビングのテーブルは物でいっぱい。引き出しの中はぐちゃぐちゃ。掃除も掃除機を持つと、なぜかヒステリックに喚き出す、おかしな癖がありました。酷い時は掃除機を振り回して、怒り出します。よっぽど掃除が嫌だったんでしょうね〜

なのに、自分は完璧な妻で完璧な母親と思い込んでいる。病気ですよ。

年を取っても、この性格は変わらず、今も自分に感謝しろ!感謝が足りない!誰のおかげで!と日々、喚いています。

寝る前の準備が多くなる

朝晩はめっきり寒くなってきましたね。ただ、日中はそこそこ温度が上がり、この気温差が更年期不調世代には、キツいところです。

私は40代に入ってから、足の冷えに悩まされるようになりました。若い頃は冷えってなに?というくらい、暑がりだったのに。今は素足で過ごすというのは夏でもキツいです。

なので、この時期は寝る前の準備が大変です。まず、お風呂から出て冷えないように、レッグウォーマーと厚めの靴下を履き、湯たんぽを作ります。これを寝る30分から1時間前に布団に入れておき、布団全体を暖めておきます。

それと、首元の冷えで風邪も引きやすいので、ネックウォーマーをして、最後にちょっとした物音で目が覚めるようになってきたので、シリコン製の耳栓をしてから、布団に入ります。

これに寝る前に簡単なストレッチも出来れば、万全なんですが。ふぅ〜

これ一つでも忘れると、足元が、冷えて眠れません。

きっと年と共に筋肉量も減り、運動不足も相まって、冷えが加速してるんだと思います。

これでは、いかん!と思って、毎日30分程のウォーキングを始めました。でも歩くの好きじゃないので、いつまで続くか。。

でも健康の基本は、歩く事といろんな所で言われていますが、歩かないと駄目なのかな〜

歩かなくても大丈夫って話は、あまり聞きませんね〜普段、殆ど車生活(田舎なので)なので、本当に歩かないんです。年を取ったら大変だと言われるし。。

毎日、歩くのか?歩かないのか?と悩む日々です。とっとと歩けよって話ですね。

頑張って歩きます。。